※当サイトはプロモーションを含みます

税理士を知る

男性税理士の「家族」に対する価値観は?

税理士の男性と結婚したいと思うなら、結婚後の家族付き合いについても配慮をしなくてはいけません。

まずは、相手の「家族」に対する価値観を理解するようにしましょう。

理解することで、どのようにふるまえばうまくいくのかがわかるはずです。

パターン①:上司であり人生の師と仰いでいる

相手の実家が会計事務所・税理士法人を経営している、いわゆる「2世税理士」の場合、自分の父親・母親を上司であり人生の師と思っていることが多いです。

これは、なんら不自然なことではありません。

会計事務所・税理士法人も立派な1つの事業である以上、長年続けていくにはそれなりの努力が必要とされます。

当然、自分の子どもであったとしても、仕事の面においては厳しく接する必要があるのです。

だからこそ、2世税理士は特に自分の父親・母親に対して「親でもあり、上司でもある人」という意識を持っています。

加えて、2世税理士には、自分の父親・母親が働く姿を見て、税理士を志した人も多いです。

だからこそ、自分の人生の歩み方を決定づけた、人生の師として自分の父親・母親をとらえている人も少なくないでしょう。

このような背景があるため、決してマザコン、ファザコンではないものの、父親・母親のいう事にはそれなりに従順に従う人も多いです。

いわば、自分の家族に対して「ポジティブな価値観」を抱いているのが、このパターンといえるでしょう。

パターン②:反面教師としてとらえている

一方、2世税理士であっても、そうでなくても、自分の父親・母親を反面教師としてとらえている人も一定数います。

例えば、実家が会計事務所・税理士法人を経営している場合、月初・月末や確定申告の時期は、仕事が最優先になってしまいます。

また、顧客から呼び出しがあったら、たとえ土日祝日であっても出向く羽目になるのは珍しくありません。

そのため「自分は小さいころに遊んでもらえなかった」という思いから、結婚後はワークライフバランスを重視した働き方をしたいと考えている税理士もいます。

さらに、自分の父親・母親が税理士でなかった場合も、反面教師としてとらえるパターンは存在します。

たとえば「母親に女手一つで育てられた」「父親が定職についてなかったため、貧しかった」などの理由で、手に職をつけるべく税理士になる人もいるのです。

自分の父親・母親に「ネガティブな価値観」を持っているので、税理士を目指し父親・母親と違う働き方を志向しているのです。

\【注目】/

ハイスぺ男性は人数も少なく、婚活パーティーなどで出会うのは奇跡に近いです…。

効率的なお相手探しに婚活マッチングアプリは必須!

「ゼクシィ」でお馴染みのリクルートが運営するブライダル総研の調査によると、婚活サイトやアプリの利用が急増しています。

マッチングアプリ初心者の方にオススメしたいのが、女性は完全無料で使える「pairs(ペアーズ)」です。

pairsは登録者1,500万人で国内最大級!

ハイスぺ男性の顔をとりあえずみて見たいという方は無料インストールしちゃいましょう。

\国内最大級の登録者数!/

「再婚」「シンママ婚」「年の差婚」「中年婚」を望まれる方には「マリッシュ」がオススメ。

こちらもペアーズ同様、女性は無料で利用できますよ!

 

 

パターン①への対処法「自分も一員として溶け込めるようにする」

相手がいわゆる「2世税理士」であり、自分の父親・母親に対してポジティブな価値観を持っている場合は、結婚後は自分も家族の一員として溶け込めるよう努力しましょう。

いわば、相手にとって家族は「家業である会計事務所・税理士法人を一緒に盛り上げていく同士」です。

家族として仲良く過ごすことはもちろん、自分たちの家業について理解し、長く事業を続けていけるよう気配りやアイデア出しをしてくれる相手を望んでいます。

相手から必要がないと言われない限りは、自分も簿記検定などの資格を取り、ちょっとした仕事を手伝えるようにした方が良いでしょう。

一念発起して、自分が税理士資格を取るのも1つの選択肢かもしれません。

また、このパターンの相手と結婚する場合、格式がある会場で結婚式をしてほしいと言われるかもしれません。

結婚式を「家業の跡取りを披露する場」として考えている人も一定数いるためです。

どうしても受け入れられないことは断っても構いませんが、できる限り柔軟に応じた方が、今後の関係においてもプラスになります。

パターン②への対処法「相手のスタンス次第で考える る」

一方、自分の父親・母親に対してネガティブな価値観を持っていた場合は、対処法を慎重に考える必要があります。

例えば、家業が会計事務所・税理士法人であるものの、これまでの仕事の進め方に対して不満を持っている場合は、内部から変革を起こそうとするかもしれません。

そのため、上司である父親・母親であっても、遠慮なく進言したり、時にはケンカをしたりもするでしょう。

その時に、相手の気持ちを無視して「うまくやらないとダメだよ」などと言ってしまわないようにしましょう。

相手は「自分が何を考えてこうしているのかわかってくれていない」と絶望してしまいます。

時には、結婚生活が破綻するほどのダメージを負う可能性があるので、注意が必要です。

また、自分の父親・母親自体にネガティブな価値観を持っている場合でも、相手を真っ向から否定するのはやめましょう。

ネガティブな価値観を持つようになったのには、本人にしかわからない理由があるはずです。

無理に聞き出そうとせず、相手がしてくれるなら聞く、という程度にとどめておきましょう。

「家族は仲良くしなくては」と気負いすぎない

これは税理士と結婚するときに限ったことではありませんが、結婚生活において重要なのは「相手の価値観を認め、自分の価値観を押し付けない」ことです。

例えば、自分が家族と仲がよかったとしても、相手がそうだったとは限りません。

家業の行く末を案じるが故に衝突を繰り返したり、幼少期の出来事がもとで距離を置いていたりすることだってあります。

その状況を見て「だったら、仲良くできるように自分が頑張ろう」と思う気持ちはわかりますが、思うだけにしておきましょう。

家族との関係は至極プライベートかつデリケートなものである以上、たとえ結婚相手だったとしても踏み込まれたくないと思っている人もいるためです。

「家族は仲良くしなくては」と気負うのではなく、あくまで相手の家族に対する価値観を踏まえ、相手が望むことをまずは誠実にやりきるようにしましょう。