税理士を知る

「2代目税理士」なら年収が数千万円の可能性もある

将来的に収入が上がりそうな税理士と結婚したいと思うなら、「2代目税理士」に注目してみましょう。

それは、年収数千万円になる可能性があるためです。

なぜ、そこまで年収が上がる可能性があるのか、その理由について解説します。

理由①:2代目税理士は既に顧客を持っている

「2代目税理士」とは、親・親も税理士である税理士のことを指します。

中には、祖も税理士という「3代目税理士」や、兄弟姉妹、叔や叔、従姉妹なども税理士という「税理士一家・一族」も珍しくありません。

そして、家業が税理士事務所という場合は、長年の運営歴があるため、既にたくさんの顧客を持っている可能性があります。

税理士の仕事は、ある程度まとまった数の顧客を獲得できないとなかなか収益に結び付きません。

加えて、一度地域の会社や個人と顧問契約を結んだ場合は、よほどのトラブルがなければ解任されない場合がほとんどです。

もちろん、顧客へのフォローが行き届いていなければ解任される可能性はありますが、そのあたりは本人の努力次第でしょう。

結局のところ、最初からある程度顧客を持った状態で働き始めることができるので、安定継続した収入が入ってくる可能性は極めて高いと考えられます。

自分だけで一から独立開業するよりも、年収数千万円に達するまでに要する時間は短くなります。

理由②:2代目税理士は人的ネットワークを利用できる

税理士にとっては、地域の会社や個人からの信頼を勝ち得るのが、収益をあげていく上で非常に重要になります。

「2代目税理士」の場合、親・親が既に地域の税理士会や商工会、法人会などに参加し、役職を担っているのは珍しくありません。

また、出身高校・出身大学の校友会の世人を務めている人や、趣味のサークル、自主勉強会に顔を出している人も散見されます。

このような活動を行う理由の1つは「人的ネットワークを築く」ためです。

つまり、仕事以外でも人とつながれる場を持っておくことで「税理士が必要な場面が生じたらうちに相談してください」と営業活動をしやすくしているのです。

「2代目税理士」であれば、このような人的ネットワークをそのまま引き継ぎ、上手に営業活動ができます。

そのため、自分で一から営業活動をするよりも、新規での顧客を獲得しやすく、年収がアップするチャンスも多々あるのです。

\【注目】/

ハイスぺ男性は人数も少なく、婚活パーティーなどで出会うのは奇跡に近いです…。

効率的なお相手探しに婚活マッチングアプリは必須!

「ゼクシィ」でお馴染みのリクルートが運営するブライダル総研の調査によると、婚活サイトやアプリの利用が急増しています。

マッチングアプリ初心者の方にオススメしたいのが、女性は完全無料で使える「pairs(ペアーズ)」です。

pairsは登録者1,500万人で国内最大級!

ハイスぺ男性の顔をとりあえずみて見たいという方は無料インストールしちゃいましょう。

\国内最大級の登録者数!/

「再婚」「シンママ婚」「年の差婚」「中年婚」を望まれる方には「マリッシュ」がオススメ。

こちらもペアーズ同様、女性は無料で利用できますよ!

 

 

理由③:2代目税理士はスキルアップをしやすい

かつての税理士のメインの仕事は記帳代行業務でしたが、会計ソフトの普及によりこの業務の重要性は薄れています。

むしろ、重視されているのは、税務や他の分野の知識をからめたコンサルティングスキルです。

つまり、顧客の経営状態を見極めて、改善に必要な施策を一緒に考えられるかどうかが、顧客からの信頼を勝ち得るために重要になります。

実際は簡単なことではないため、自主勉強会に参加したり、大学院に通ったり、中小企業診断士など他の資格も取得したりして、スキルアップに努めなくてはいけません。

税理士の資格を持っていればそれだけで年収数千万円に達する、というわけではないのです。

「2代目税理士」の場合、家業である税理士事務所で働いている人も多いことから、勉強と仕事の両立がしやすい環境にあります。

あくまで仕事優先ではあるものの、スキルアップのために割く時間も確保しやすいため、結果として年収アップにつながる可能性が高まります。

理由④:2代目税理士は家族のために一生懸命働く人が多い

「2代目税理士」は、自分の親や親が一生懸命働く姿を見て育ってきました。

税理士は企業に所属せず、自分で会計事務所を立ち上げている人も多い職業です。

国家資格という後ろ盾があったとしても、結局のところは自分たちで地道に営業活動をし、顧客からの信頼にこたえるために一生懸命働かないといけません。

常に順風満帆とは限らない会計事務所だって数多くあります。

その姿を見て育ってきた以上、たいていの「2代目税理士」は「大変なことも多々あっただろうけど、一生懸命働いて自分を育ててくれて感謝している」という気持ちが芽生えているでしょう。

だからこそ「結婚したら、家族のために一生懸命働く」と心に決めている人も多いはずです。

良い旦那さんの条件の1つに「一生懸命家族のために働く人」をあげる人は決して少なくありません。

だからこそ「2代目税理士」ならではの家族に対する価値観は、結婚する上でも大きなプラスになります。

結婚後は旦那さんと旦那さんの家族を支える心構えを持とう

結局のところ「2代目税理士」には、実家が会計事務所であるなど既に顧客を持った状態でスタートできることが多い上に、スキルアップもしやすく、しかも家族のことを考えてくれる人が多いというメリットがあります。

しかし、全員が全員、年収数千万円を達成できるとは限りません。

旦那さんに年収数千万円を達成してほしいと思うなら、結婚する際の心構えも必要になります。

大切なのは「旦那さんと旦那さんの家族を支える」という心構えを持つことです。

家族で会計事務所を営むのは、立派なファミリービジネスである以上、家族が力を合わせて取り組んでいかなくてはいけません。

当然、その中に妻として入っていく以上、一定の気遣いは求められます。

旦那さんの健康管理に気を使うのはもちろん、いざとなったら税理士事務所の仕事を手伝えるよう、簿記やファイナンシャルプランナーの資格を取ったりなど、努力が必要になります。

一念発起して税理士試験にチャレンジするのも選択肢の1つです。

「旦那さんに働いてもらって年収数千万円の暮らしをする」のではなく「旦那さんと旦那さんの家族と一緒に頑張って、事務所を盛り上げていく」という心構えこそが、税理士を旦那さんにするためには欠かせません。

自分にできることを考え、実践していけば、旦那さんに年収数千万円を達成してもらうのも夢ではありません。